ポッポえん 写真
トップ 理念 特色 保護者ページ
特色(自然)
特色(ものづくり)
概要
トピックス
入園案内
 
理念
「自然観察とものづくり」活動-ポッポ園の新たな取り組み  感じ取る力、解決する力、共有する力を備えた人間づくり
 
「自然観察とものづくり」、ポッポ園の新たな教育活動への取り組み
写真
毎日元気に園で過ごす子どもたち。明るい笑い声に満ち溢れ、体全体で生きる喜びを表現しています。20年後、30年後、この子どもたちが生きていく社会はどんな社会でしょうか?残念ながら、今日のように急激にすべてが変わっていく中では誰も正しく予想することはできないでしょう。 どのような世の中になろうとも子どもたちが幸福に生きていくにはどのような力が必要なのでしょうか?そのために親や指導者はどんな支援をしてあげることができるでしょうか?その鍵は「自立」にあります。自立とは、いかなる問題に直面しようとも自分でその問題を解決してたくましく生きていくことです。 そして他者の協力を得ることができ、他者の自立を支援してあげる社会性を身につけることです。
写真
今後直面することになる問題が、学校での勉強のことでも、社会に出てからの仕事の問題でも自立して問題解決ができる人間であれば、途方に暮れて立ち尽くすことは無いでしょう。また、他者の協力が必要であればすすんでそれを求め、感謝の気持ちとともに協力を受け入れ、他者の問題にも積極的に関わり手を貸すことができるようになるでしょう。
写真
では、どのようにしたら子どもたちの「自立」を支援してあげることができるでしょう。自立するためには「自分の5感で感じ取り」、「自分で考えて問題を解決」して、「他者と問題解決の苦しみや喜びを分かち合う」ことが必要です。このような基本的な力を育む教育活動とはどのようなものであるべきかについて注意深く検討を重ねた結論として、ポッポ園では「自然とものづくり」をテーマとして子どもたちの「自立力」を大きく伸ばすために活動に着手しました。ポッポ園には、他では見られない貴重な自然が保全されています。色鮮やかなベニイトトンボや園庭を歩き回るクサガメなどたくさんのポッポの森の生き物が子どもたちに尽きることのない驚きや感動を与えてくれます。 5感を使って感じ取る力を伸ばす上でこれ以上の環境があるでしょうか?
写真
また、ポッポ園では過去3年にわたりレゴブロックを使ったアフタースクールを運営する中で、ものづくりを通した教育の意義や、問題解決能力や創造性を伸ばす教育実践についてもしっかりと学んでまいりました。「自然とものづくり」活動はポッポ園の環境と教育活動実績を最大限活かすことのできるものとなりました。
写真
「自然とものづくり」活動は1年以上の時間をかけ(株)生態計画研究所、(株)ラーニングシステムなど外部の専門家の助言を得ながら、日本でも始めての試みとして計画、検討されてまいりました。導入に向けてはポッポ園の全教員を対象とした研修を幾度となく実施して、自然を感じ取ること、ものづくりを通して自ら考え問題を解決していくこと、について学んできました。もちろん設備面でもこの活動を実現するために必要なことを1つ1つ実施してまいりました。例として、園舎2階に活動用の広いスペースを確保、日本の幼稚園としては最大規模のレゴブロック導入、園内自然観察用無線LANカメラ導入など、園全体の取り組みとして相当な熱意を持ってその実現に向け努力をしてまいりました。
 
「自然とものづくり」活動実践について
写真
写真
ポッポ幼稚園におけるものづくり活動ではレゴブロックを使います。レゴブロックは他のどんな玩具とも違って精密に作り、簡単に壊すことができます。このことは子どもたちのものづくりではたいへん大切なことです。思いついたアイデアをすぐに形にすることができて、イメージに合わない場合は何度でも作り直すことができるので安心して試行錯誤ができるのです。失敗を寛容に許してくれて、何度でも気軽にものづくりに挑戦することができるレゴブロックは他の教材に代え難い価値があります。
△このページのトップへ戻る
学校法人 真勝寺学園 ポッポ幼稚園
〒832-0032 福岡県柳川市新町5-10
TEL:0944-73-2239
FAX:0944-72-9231
MAIL:amigo@poppo-k.ed.jp
copyright © 2008 Poppo Kindergarten All rights reserved.